リネーム用データをアップロード

Updated on 2022年1月18日

アルバムコード以外のデータを用いて画像ファイル名をリネームする場合に利用する機能です。
機能のご利用には事前のシステム設定が必要です。

【リネーム例】 #

アルバムコード:JANコード
リネームルール:品番_カラーID_01.jpg , 品番_カラーID_02.jpg , 品番_カラーID_03.jpg ,,,,,

このようなリネームを行うためには、少なくとも
・JANコード
・品番
・カラーID
が入ったデータ(csvまたはExcel)をPANAMAにアップロードする必要があります。

【リネームの仕組み】 #

撮影時に入力したアルバムコードをキーにして、リネームに必要なデータをアップロードしたファイルから参照し、リネームに利用します。

【リネーム用データのアップロード手順】 #

  1. PANAMA画面左上のデータ>リネーム用データをアップロード を開く。
  2. リネームに利用するデータ(csv、またはExecel)を、「ここにファイルをドロップ」箇所へドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択」をクリックし該当データを選択する。

【アップロード時のご注意】 #

  • リネーム用データは、アルバムコード単位で上書きされます。
    過去にリネーム用データをアップロードしたアルバムコードについて、新しいリネーム用データをアップロードした場合は、過去のデータは消え新しいデータのみが残ります。
    同一アルバムコードのデータ履歴は蓄積されません。
  • アップロードするファイルにおいて、アルバムコードもしくはグループコード(品番等として指定するコード)のカラムに数式エラー(「#N/A」表示)がある場合、該当行全体が無視され、該当コードはリネームができなくなります。
    アップロード前には必ず、エラーセルがないかをご確認ください。
    なお、リネームに利用しないその他カラムにエラーセルがある場合は、該当行は登録したうえで該当セルを空白扱いとして(null的に)処理します。

【撮影時のご注意】 #

撮影はリネーム用データのアップロード後に行ってください。
リネーム用データのアップロード前に撮影しようとした場合、「アルバムコードが存在しません」と表示され、撮影・アップロードしてもルール通りリネームされません。

 

 

 

Previous
Next