白抜き後の画像を使ってPhotoshopで追加加工する(画像表示切り替え機能)

Updated on 2022年1月6日

PANAMAでは、zenfotomatic と remove.bg の白抜きエンジンをご利用いただけますが、どちらも白抜き残りや白溶けが発生してしまう場合があります。
その場合に、「画像表示切り替え」機能を使うことで、白抜き残り/白溶け画像を利用し、残ってしまった/溶けてしまった箇所だけをPhotoshopで手動補正することができます。
一から画像全体を手動白抜きするよりも短時間で完成させることができます。

【画像表示切り替えボタン】

すでにPANAMAで背景白抜き加工・アップロード済みの画像は、PANAMAスタジオ画面下部のサムネイル上に、斜め2分割された白黒のアイコンが表示されます。これが「画像表示切り替え」ボタンです。
サムネイル左には、すべての対象画像を一括で切り替えるボタンもあります。
これをクリックすると、対象画像が加工画像(白抜き後画像)に切り替わります。

【画像表示切り替えとPhotoshopで画像を開く手順】

  1. PANAMAスタジオを開き、該当の作業ドメインで、該当のアルバムコードを開く。
  2. 画像表示切り替えボタンをクリックする。
    表示が加工画像に切り替わり、アイコンが白青になる。
    また、カメラと連動するフォルダ内にサブフォルダができ、
    ・PROTO画像(png)=直前アップロードの加工後画像
    ・PRE_PROTO画像(jpg)=直前アップロードの加工前画像
    の2つがダウンロードされる。
  3. この状態でサムネイルをダブルクリックする。
    PhotoshopでPROTOとPRE_PROTOの2枚の画像が開く。
  4. Photoshopにて、PROTO画像にPRE_PROTO画像をコピペしてマスクし、PROTO画像への加工(白溶け部分を戻す/白抜き残り部分を消す)を行い、PROTO画像を上書き保存(9MB以下必須)する。
  5. PANAMA上の画像がPhotoshop加工後画像に切り替わるので、その状態で「アップロード」ボタンをクリックする。

▼参考動画 画像表示切り替え~白溶け補正の手順

 

【注意】
この機能をご利用の際も白抜きエンジンの利用料は発生します。

Previous
Next